正常⇔騎乗.異常≒一途.日常=悪事
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
万歩計

まぁ。誰もが知ってるとは思うがアノ歩数を測る機械。
構造は単純で揺れたら一回カウントされる。
そんな一般的な機械。
しかし。いざ持ってますか?と尋ねられても。
実際に持ってる人間はかなり少ないと思う。
それか持ってるとは思うがドコにあるかわからない。
とか、持ってるが使用していない。
そんな人がほとんどだと思う。
実際、僕も今までに万歩計と言えばジョージアの景品くらいしか記憶にない。
たった数時間で1マン歩とか表示される狂ったヤツだった。
ボタンを押せば「やったね1マンぽ」的にサトエリが喋る。
そんな世間に忘れられた機械が万歩計。
その万歩計がココ数年で一般化されつつある。
気づいてる人は少なくないであろう。
そう。最近の携帯電話に常備されとるんだ。
ドコまで正確なのかはわからないが、
実際歩数自体は計測されている。
僕は電池の無駄遣いと購入したときからオフにしている。
さて。今更この機能がどうしたのかって言う話ではある。
いや。この記事を読んでる諸君にとっては大した問題ではなかろうが。
僕にとっては「男」としての死活問題。
僕は常々早いとか速いってコトバを用いているが、
実際のところ正確な速度はわかってはいない。
色んなトコロで時間を割けばその正確な速度自体は誤魔化せると思っている。
速い(早い)かなんて緩急をつければどーとでもなる。
実際、球速130km程度の星野が100km未満のスローカーブを用いたコトによって、
130kmの直球を140kmとか150kmと変わらないように錯覚させていた。
それでもだ。130km/hと言う正確な速度があるために世間は星野の直球を遅いと判断した。
つまりだ。僕の速度はなんとしても数値化させてはならないのだ。
ただ。単純にスピードガンを用いて僕の速度を計測しても、
緩急を見事に使いこなす僕の速度はどちらかと言えば終始「遅い」に分類されるであろう。
真の偉大なピッチャーってのは解っていても撃てないタマを持っているんだぜ。
切り札は最後までとっておくもんだ。
まぁ。「時間」と言う数値のつけ方もあるではあろうが、
それはあくまでも大体であって、
正確な時間なんて解るようなことはプロとして僕は絶対にヤらせてはいない。
時計なんて見るヒマや余裕は与えてはならないのだ。
仮に時計がもし常に視野に入る位置にあったとしてもそれに対する対処方はいくらでもある。
間と言うかタイミングと言うか呼吸をウマく活用すれば問題ないのだ。
タイムアウトが存在しない。つまり。時間を有効に使えるってコトだ。
だから。僕にとって時計とかい言うモノは恐怖の対象にはなりえない。
普通、慣れた者なら3秒で行えるコトを6秒かける。
焦らし戦法だ。コレを喰らった相手は1秒が5秒にも10秒にも感じられる。
「(速く)早く!!」そう思った時点で完全に僕の術中内だ。
術にハメ込んだあとはたった100km/hの遅いスローカーブを待ち切れず、
「1・2の3」で打ち返せるハズなのに「2の」が飛んでしまい、
簡単に手玉にとられるわけである。
それと、経験によって培った多彩な戦術を駆使し、
様々な角度から攻め予想外の事態を引き起こし、
相手に的を絞らせなければ問題ない。
一定のリズムで正対した状態に背後から来たとしても対応できるであろうが、
不規則なリズムで前のめりになった所に背後から来るモノには対応し辛くなる。
サッカーで言うところの切り替えしとかサイドチェンジなどが有効である。
サイドチェンジが行われた際、普通のDFは突破されるわけにはいかないので逆サイドへ走る。
その時、守備陣形は完全に崩されているわけでふいなスペースができたりする。
そこへゆっくりスルーパスを通したとしても逆サイドにダッシュしているので、
真後ろを通る遅いボールをカットすることができなくなる。
あとは走馬灯のようにただ、ゆっくり過ぎていくボールを眺めるのみである。
この時の1秒がどれほど長く感じるかそれはDFのみが知りえる。
ただ、この感覚を感じ取るのは何もサッカー選手だけではない。
ボクサーも似たようなモノを体感するらしい。
そう。明日のジョーでお馴染みクロスカウンターだ。
自分が攻撃したと思った瞬間に攻撃される不意の一発とあってダメージがデカイ。
さらに、自分自身が相手に向かって動いているのも相成って想像以上の破壊力を生む。
この際、ナニが起きたか理解できず意識が揺らぎ、
ただゆっくりと沈むように倒れていくだけなのだ。
この時に生じるスローモーション。それは殴られた者だけが・・・。
やや、話がそれすぎたようだ。
さて、。時間の曖昧さはだいたい解っていただけたであろう。
しかし、先ほど説明した「万歩計」があれば完璧とまでイかなくても、
かなり正確な数値を測定できる。
まぁ。万歩計と言うモノはあくまでも振動を感じ取って数値化されているものであって
本体さえ揺れていればカウントは増え続ける。
したがって激しい動きに対しては余分なカウントがされるのが一般的である。
ジョージアの万歩計がそれを如実に物語っていた。
一歩につき3回ほどカウントされるコトがままあった。
ジャンプなんてした際にはその余震もあってか5回近くカウントされる。
ならば、この弱点を突けばと思うであろうが、
そんな簡単な話ではない。
それをすると結局余計に自分の早さ(速さ)を露呈するカタチとなる。
あくまでも推測ではあるが男子自由形100mの世界記録はおろか、
かのマイケル・ジョンソンが打ち立てた400mの世界記録さえも更新しかねない。
だから。万歩計の弱点=僕の弱点となるのだ。
いきなり全力投球なんて完投はおろか、5回・・いやいや、
1イニング目で炎上し下手をすればコールドゲームだ。
緩急のない単調なただ速いだけのピッチャーなんて誰も求めてやしない。
いくら卓越したリードをしても勝負所で直球のみじゃ慣れれば打ちのめされる。
それはどんなに速い直球を持っていても同じことが言える。
だから、緩急をつけ、試合を自由にコントロールしてこそのエースだ。
多彩な戦術、自由自在の緩急、独特の間。
これ等を見破らせない限り僕の勝ち星はこのままどんどん増え続けるであろう。
やや話が逸れたような気もするが、
つまり。正確な数値化。僕にとってコレほどの脅威となる存在はない。
万が一、数値化された日には僕はもう二度とマウンドでたち上がれなくなるであろう。
しかし。悲しいかな万歩計が携帯に常備されたことにより、
昨今の一般人の万歩計保有率が格段に上がっている。
さらには各社が新機種を挙って発売している。
追い討ちをかけるように新しい機種でないと利用できないモノまで増えている。
最早、若者は新しい機種を買わざるをえないのである。
なんとも醜く汚い経営戦略だ。
もうすぐ、世間はこの携帯電話型万歩計に乗っ取られるだろう。
そうなれば世の特定種の男性は隅へ隅へと追いやられるカタチとなる。
上を向いて歩いてイクことがデキなくなるのだ。
その前に僕はこの狂った携帯社会をぶち壊す。
そして。みんなが自身を持ってたち上がってイケるように・・・
そして。もっと明るくて希望に満ち満ちた世界を創り上げる。




「俺」は・・・
この「星」の「王」になる!!!!

続きを読む >>
下ネタ comments(0) trackbacks(0)
急募!!!!

舌にピアスをつけてる方。

ナンダカンダで今まで舌ピの経験が無い。
アレ。自分のツボにハマったらヤヴァいらしいね。
ま。その反面全くアカンって意見もあるらしいけど。
今頃になって凄く。物凄く。興味津々です。
あ。別にその場限りで空けてピアス付けてくれるだけでもイイっすよ。
そうなったら僕も真珠入r)ry



下ネタ comments(2) trackbacks(0)
( ゚Д゚)・∵. グハッ!!

ブラウザ変わったら観覧履歴の消し方わからんwwwwwww
ちょっwwwコレは非常にマズイですよ。

下ネタ comments(0) trackbacks(0)
進化論。

人は・・・いやいや、あらゆる生命はその状況下に合わせて都合よく進化を遂げてきた。
ピカチュウがライチュウに進化したり、アグモンがグレイモンに進化したりする。
脳ある鷹は爪を隠す。フリーザ様が強さを発揮する為に三回も変身したりする。
普段控えめなアノ人も本気になれば奥二重がパッチリ二重に変身するコトだってありえる。
近い将来、ニワトリは卵は食われる為に産んでいると気付き、直接ヒヨコを産むようになったり、
自分の肉は食われる為にあると判断した牛や豚が超痩せ型に生まれ変わるかもしれない。
将来は肉も卵も無い世界が出来上がり、魚か野菜を食べて生きていかなければならなくなる。
三食肉などとコッテリした生活を贈ろうにも叶わなくなりホルモンが減退しそれこそペッタンペッタンに。
代わりに、今まで散々デブだの男だの弄られてきた人だってスッカリ痩せて美人に成り代わるかもしれない。
それでも痩せられないデブは世界中から問題視されそのうち大量に二酸化炭素を排出しているデブが空気を読んで地球環境のためにまるでピッコロのように肌が緑色に変わり光合成するように生まれ変わるんだ。
だから、近い将来、僕の息子は寝るコト無く常に立ち上がった状態のままで生きてイクことになると思うんだ。
たとえ僕自身が年老いて立ち上がれなくなろうとも息子が立ち上がり僕の代わりに新しい世界を切り開いてイってくれると思うんだ。
そして、コノ生涯遊び人の遺伝子を世界中にばら撒いてくれると思うんだ。
たとえ僕が身動き取れなくなろうとも息子さえ立ち上がってくれればそれは叶うんだ!!!


下ネタ comments(0) trackbacks(0)
ヤベェ。
体脂肪率が11%に跳ね上っとるwwwww
オカシイ。
酒もほとんど飲んでないし、
実際、食べる量は減ってるのに??
原因はナニ??
回数減ってるから??
週3ペースに戻さなくては。
アカン。今キープないってば!!!><
下ネタ comments(0) trackbacks(0)
消チン
人間には精神ってのがあってそれを攻撃されると立ち直れなくなることがある。
個人的に僕は人の3倍くらいタフな自信はある。
他人かたナニを言われようが特に気にしないのでタフなんだと思う。
ダカラ、例えばこの記事のコメント欄で誹謗中傷が沢山集り所謂『炎上』って事態になったとしても
それはそれで構わない。
むしろ、それだけの人間に観覧されているってコトなので「誉れ」なんじゃないかって思う。
まさに身も心も燃え上がるって訳だ。
そんな僕でも言われると凹む言葉がある。
コレを言われるとまさに「立ち直れなくなる」意気消沈。
精神的な問題ならばそれを克服して今以上に大きくなってもう一度立ち上がるのだが、
コレばっかりは普通の努力じゃどーにもならない。
その一言だけは言われずにこのまま現役生活を終えたいと切に思う次第でありまする。
下ネタ comments(0) trackbacks(0)
意味深(男子禁制)
買い物に行きたい。
しかし、誰しも「新型インフルエンザ」が怖いと言って付き合ってくれない。
大阪府or京都府or兵庫県在住の方付き合って下さい。
(違う地域でも本人がOKなら可)
交通費及び食費及びホテル代は僕が全額負担いたします。
病気等の対策もバッチリ行います。
もし、感染したり身ごもったりした場合はキッチリ責任を取らせて頂きます。
ただ、「新型インフルエンザ」の予防は各自行うようお願い申し上げます。
下ネタ comments(2) trackbacks(0)
外見的な話
←童顔??
とりあえず、今まで仕事柄とか合コンやの何やので初対面的な人と会う機会は人の35倍くらい経験したと思う。
20歳くらいから今まで5年間で上に見られた経験はほぼ無い。
コンビニでタバコを買おうとして身分証明的なのは地元を離れると度々耳にする。
深夜のファミレス入店時に止められたりDVD持ってたら年齢制限のある商品ですとかね。
ホンマ忘れやんくらいの頻度で耳にする。仮にも25歳である。
最近オッサン連中によく言われる一言が
「若いのにシッカリしてるな」
いや、自分もー25っすから。社会に出て7年っす。そら当たり前っすから。
その後のリアクション聞き飽きたっすから。アンタラ僕をいくつと思っとったんじゃい。
その後の一言も聞き飽きたっすから。
はいはい。この顔でこの年齢っすから。磨り減るほど使ってきたっすよ。若干細長くなったんじゃね?ってほど使ってきたっすよ。
もし、僕の身体がコンデンサならば1Fに達する勢いで蓄えてますよ。キチガイ規模な静電容量。
集塵機として機能させたら素晴しいモノになるんじゃないですかね。
あ、でも、起動前点検で摩擦係数を極限に減らしてますし、高湿度状態だと発生しにくいんですから意外と帯電量は少ないかもしれませんね。でないと使用後は体中埃だらけになりますよね。
しかも、そんな埃っぽい所で起動するのは誇りに賭けて拒否ですよね。
代わりにエンジンとして機能させたら一石二鳥ですよね。ただ、燃費がこの上ないくらい悪いですよね。一個体につき10分未満しか起動しないですよね。
替えの燃料を用意しておいてもオーバーヒートとかを考慮すると数時間の休憩が必要ですよね。
おまけに同じ燃料をリサイクルしようとしても起動しない確立80%の為、エコじゃないですよね。
毎回新しい燃料じゃないと調子よく起動しないんですよね。しかも、起動中も逐一停止して態勢を整えないと再起動しないんですよね。
しかも、調子の悪い時はエンジンの回転数ばっか上って起動時間が3分とかになったりもして安定しないですからね。
その上、吸気と排気音がうるさいですよね。あと燃料が燃える音もうるさいですよね。聴いててわかります。はい。
しかも、毎回停止後に必需品とは言え資源の無駄使いもしてかなり環境に悪いですよね。
さらに、稀に正規のエンジンの真上で起動とか無駄なコトもしたりして本当に意味が解らないですよね。

上記の内容からみて使用頻度のわりに利用価値低いモノってコトはわかりましたよ。
数十年後くらいには使用禁止になるんでしょうね。
それでも無理な手入れを施して力ずくで起動させる自分が予想できますよね。

下ネタ comments(2) trackbacks(0)
断然、生!

僕は本気です。

下ネタ comments(0) trackbacks(0)
下記
の通り白い飲み物を沢山飲みました。
その分下から沢山排出しようと思う。
だから、白い飲み物が好きなんやろな。
下ネタ comments(0) trackbacks(0)