正常⇔騎乗.異常≒一途.日常=悪事
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
昔みたいに呼び捨てで呼ばないで

追うか追われるか。
ヤるかヤられるか。


僕は幼少期より追われることを求めていた。
鬼ごっこでも常に追われたいがために鬼の近くに常にいた。
悲しいかな。脚の速い僕はあまり追いかけてもらえない。
それが溜まりに溜まって警察と鬼ごっこする道に進んだんだと思う。
たとえ。白バイに蹴り倒されようとも追われる楽しさは計り知れないモノだった。
恋愛においても僕は追われたい一心だった。
ただ。悲しいかな。人間的に終わってた僕は誰にも追いかけてもらえなかった。
それが溜まりに溜まって暴走する道を選んだんだと思う。
たとえ。変な噂が広まっても特に気にも留めず楽しく生きてた。
それがいつからだろう。追われることに恐怖するようになったんは。
高校を卒業した当時僕はナニに対しても希望が見えていた。
コンパ。ナンパ。キャバクラ。人生って楽しい。と心底感じていた。
そんな明るい19歳の僕を奈落の底へ叩き落とすのに1ヶ月も必要とはしなかった。
たった一度の合コン。それで僕は人生の酸いも甘いも噛み締めた。
先輩方に招待して頂いた合コン。そこには魔物が潜んでいた。
一般人がイメージできるデブを2倍にしたようなデブ。
通称「ミドリちゃん」。
そのデブを無理矢理押し付けられた。
そのデブは次の日誰かに僕の番号を聞きストーカーとなった。
朝から晩まで着信の嵐。一切かけ直さなくても鳴り続けた。
キモチワルクなったので着信拒否にした。
それでも着暦はうまってた。
メールだってハンパなかった。
毎日のおはよう。おやすみ。が絶えなかった。
その後、行く先々で遭遇するようになる。
手作りクッキー。マフラー。がポストに。
なぜ。家がわれていたのか?
本当にノイローゼになりそうだった。
当時。交際していた子が刺されないか不安で仕方なかった。
逆にミドリちゃんを呼び出したって話は置いとくが。
その恐怖の相手に先日コンビニで遭遇。
頭が真っ白になり形振り構わず一目散に家を目指した。
後続車に追いつかれてはイケない。
その一心でアクセルを踏んだ。

あれから数日。音沙汰ないが。
もし。更新が途絶えたなら僕の身に何かが降り注いだと捉えて欲しい。


遺書。書こ

キモチワルイ comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








2010.10/19(火)13:46  by: 梨奈
え、なに怖いんだけどw

無事を祈るばかりです(´;ω;`)
2010.10/23(土)22:50  by: 。。。
to梨奈


今のところ無事っぽい。
ってか。僕が自意識過剰過ぎたんかな?
しかし。トラウマってのは克服デキへんもんやね。
夜寝る時と入浴時が不安で仕方無い。
ちょっと付き添ってくれません?
元気になると思うんだ。
まぁ。それに関してはトラウマ云々常に元気いっぱいですが。
じゃあ。付き添う必要ないって?
いやいや。そうなると元気にならない。
まぁ。自分で慰める方法もないわけではnくぁせdfgHふじ子;jklove。。。
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://shionmasaki.jugem.jp/trackback/594
<< NEW | TOP | OLD>>